お風呂のサーモ付き混合水栓から水漏れの修理

お風呂の蛇口から水が漏れて止まらないという相談があったのですが、漏れている箇所を正確に聞いてもイマイチ的を得ない。
いずれにせよパッキンの劣化でしょうから、パッキンの交換のみか、混合水栓なので最悪でもカートリッジの交換で完治するでしょう。30分もあれば作業完了の予定です。
ってことで自分の目で確かめに行ってきました。
古いサーモ付き混合水栓
劣化するぐらいなので当たり前なのですが、ちょっと古いタイプの水栓のようです。
見てみると確かに蛇口から水がポタタタタと出ています。綺麗に閉まらないようですね。
混合水栓は回転の途中が閉なので力いっぱい閉めるという事ができないのでこうなるとどうしようもありません。
古いサーモ付き混合水栓
とりあえずばらします。
キャップをヘラのようなもので取ります。
古いサーモ付き混合水栓
+ネジが出てくるので取ります。
古いサーモ付き混合水栓
最近のものは前からカートリッジが取り出せるようになっている様なのですが、これは初期のもののようでカートリッジ式ではありませんでした。
バルブ部分は裏から外すようです。当然後ろには壁があるのでこのままでは外すことができません。
面倒なことになってきました。^^;


しょうがないので全バラシです。
古いサーモ付き混合水栓
ピンボケですが裏側から見たところです。
キャップを外すと中に、バルブの一部の+型の金具が見えます。
今回の水漏れと関係の無い冷水入り口のパッキンが劣化してボロボロになっていました。
この部分は平パッキンなのでとりあえず交換ですね。
古いサーモ付き混合水栓古いサーモ付き混合水栓
バルブは裏側からだと簡単に抜き取れました。
パッキン部分は見た感じ思っていたほどは劣化していませんでした。
しかしこんなバルブ売っているのは見たことがありません。
近所の売っていそうなお店を全部見ましたがやはりありません。専門店で取り寄せとかならあるのかな?
古いサーモ付き混合水栓
パッキンだけでも交換可能かばらしてみましたが、固着しているためこれ以上分解できませんでした。
無理に分解して壊すと代用品はないので無茶はできません。
パッキンは見たところ金具を巻き込んだ形をしていて平パッキンなどで代用品を作る訳にもいかないようです。
今日はここまでが限界のようです。
しょうがないのでクリーニングだけしてすべて組み戻します。
ところがクリーニングが良かったのか水漏れは止まってしまいました。
もしかすると冷水入り口の劣化したパッキンの破片か何かが挟まって水漏れを起していたのかもしれませんね。
とりあえず汗だくの作業が無駄にならず良かったです。

シェアする

フォローする