スーパーJOGZ がやってきた!

スーパージョグZを譲り受けることになり工具持参で現地入りした。
スーパージョグZを引きずり出し、とりあえず乗って帰れるところまで復活させなければ...
とりあえずエンジンが掛かるかチェック。
あわよくばと思ったが、まぁ当然のことながら掛からない。
ガソリンタンクをチェック
残量1.5Lと言ったところか。意外と綺麗だ。異臭もしない。このままつかえそうだが復活させるに当たり問題点はなるべく潰しておかないと分かりにくいので新しいガソリンと入れ替えておく。
エンジンオイルをチェック
200mlぐらい残っている。これも替えたいがもともとそんなに劣化するものでもないし、ガソリンの劣化が無かったことから問題なしとしておこう。
キャブをチェック
キャブをばらすのは面倒なので、排出用のネジを緩めてキャブ内の古いガソリンを排出。

ガソリンよりネバネバした液体が出てきた。オイルが底に溜まっていたようだ。そのまま抜き続けるとガソリン
が出始めた。ガソリンは見た目異常なし。
プラグをチェック
酷い… 一度も交換していないようだ。掃除もしてなさそう。かさぶたの様なカーボンが大量に付着している。
もしかするとエンジン内で何個かはがれ落ちてるんじゃない?とにかく汚い。応急処置でマイナスドライバーでカーボンを削り落とし、ワイヤーブラシでゴシゴシ。 ギャップを軽く調整して戻す。
タイヤチェック
抜けているエアーを補充。手で回すが特に異常なし。走れそうだ。
ブレーキチェック
一応かかるので大丈夫だろう。
アクセルチェック
戻らないと恐ろしいことになるが、とても軽い。問題なし。
チェックはこんなもんで良いだろう。
キャブに
燃料を送るために気の無いキックを2,3回した後、気合を入れて連続キック!
ポロポロ、プシュッ
おっ!3回目にして一瞬かかった!
また気合を入れてキック!
ポロポロポロポロポロポロポロポロポロポロ
おぉぉぉ!掛かった! しかし白煙がすごい^^;
手を離すと止まりそうなのでアクセルを調整しながら様子を見ますが周囲がかすむほどの白煙を撒き散らしています。
近所迷惑なので一旦止めて、霧が晴れたもう一度….を繰り返し。
徐々にアイドリングも安定し、白煙も整備不良で走っているスクーターほどに減りました。
(まぁそれでもかなりの白煙なんですけどね)
復活!! v^^
自宅まで乗って帰りましたがエンストすることも無く無事帰宅です。
しかし飛行機雲のように軌跡を残しながら走って帰るのはちょっと恥ずかしかったです。(*^_^*)

シェアする

フォローする