東芝 タイムスイッチ TWM-757 を分解してみた

東芝のTWM-757というタイムスイッチです。
TWM-757TWM-757
コンセントの穴が3つあり、左寄りに挿すと時間後にON、右寄りに挿すとOFF、
時間はダイヤルを回すだけというシンプル操作。
デジタル式のマルチタイマーも便利だけど、挿してまわすだけのタイマーは簡単にセットでき、設定間違いもまず無いのが利点だ。
それにめったなことでは壊れないのもいい。
今日は壊れていないが、ちょっと分解してみる事に^^;
TWM-757
開きました。
電子部品らしきものは皆無?です。
これが壊れにくい理由ですね。
TWM-757TWM-757
通電することによりギア回転し、機械式のスイッチが入ります。
タイマーの時間を決めるギアの回転ですが、コンセントの交流波形(60Hz/50Hz)を利用しているので単純な仕組みですが極めて正確です。
最近はマイコン搭載のデジタル機器が多いので使用頻度は低くなっていますが、
ワンショットの切るだけ、入れるだけの制御ならこの手のタイマーがオススメですよ。

パナソニック ナショナル 便利グッズ 切り忘れ防止 タイマー 【 11時間形 】 コンセント直結式 ...

パナソニック ナショナル 便利グッズ 切り忘れ防止 タイマー 【 11時間形 】 コンセント直結式 …

価格:2,184円(税込、送料別)

切れ忘れ防止でかしこく節電【National】WH3101ダイヤルタイマー

切れ忘れ防止でかしこく節電【National】WH3101ダイヤルタイマー

価格:2,027円(税込、送料別)

シェアする

フォローする