エーモン エアーゲージの針がずれている 分解してみた

久しぶりにエアーゲージを使おうと取り出してみる。
エアーゲージ
なぜか針がずれていた。
落とした覚えはないし、ずいぶん前になるが前回は正常だったはず。
保管中に徐々にずれたとしか考えられない。
ともかく分解してみよう。
エアーゲージ
まずはホースを外します。
まわすと簡単に外れます。


エアーゲージ
カバーは裏のネジで止まっています。
エアーゲージ
思いのほかシンプルですね。
エアーゲージ
C型の部品は、中空になった銅?(パイプを潰したものをCの形に曲げてある)で、
圧力が掛かると真っ直ぐ伸びようとする力が働くので、その微妙な変化をてこの原理とギアで針の回転に変換するという仕組みのようですね。
先端がほんの数ミリ動くだけで針は一回転します。
問題の針のずれですが、針が緩んでずれたのではないようです。
針はずれるどころか抜くこともできないぐらいガッチリはまっていました。
ということは、保管中に銅パイプが徐々に伸びてきたということですね。
確かにそちらの方が納得できます。
しかしパイプの先端部はハンダ付けされており取れません。
針がつながっているので調整するほど曲げることもできません。
今回はがんばって針を引き抜き調整することで妥協することに。
エアーゲージ
とりあえず直りました。
別のゲージと比較しましたが正常値なので問題なさそうです。

タイヤの空気圧測定にエーモン 6777 エアゲージ

タイヤの空気圧測定にエーモン 6777 エアゲージ

価格:750円(税込、送料別)

■タイヤの空気圧測定にエーモン 6668 エアゲージ

■タイヤの空気圧測定にエーモン 6668 エアゲージ

価格:1,790円(税込、送料別)

【オンロードタイヤ】エーモン:amon デジタルエアゲージ

【オンロードタイヤ】エーモン:amon デジタルエアゲージ

価格:2,110円(税込、送料別)

シェアする

フォローする