ホビーショップで水性塗料のうすめ液X-20Aを発見、代用品を考えてみる

今日は探しものがあってホビーショップに行ってきた。
はっきり言ってプラモデルやフィギアにはあまり縁が無いので普段は行かないのだが、
結構いろんな便利グッズが揃っており楽しめた。
そのなかでアクリル系水性塗料のうすめ液というものを発見した。
X-20A アクリル水性塗料うすめ液

(タミヤ)X-20A THINNER特大

(タミヤ)X-20A THINNER特大

価格:472円(税込、送料別)

多分ホビーで色を塗っている人には常識なのだろうが、普段ホームセンターでペンキを買って、水性塗料は水をじゃばじゃば入れているまるむしには(?_?)なアイテムだ。
水性なのに水じゃ駄目なのか?
成分は? もしかして天然水?^^
気になって調べてみると、どうやらイソプロピルアルコールが主成分らしい。
水性塗料の希薄には、水じゃなくてアルコールが良いのか?
なんで? 揮発が早いから? 可逆的にアクリルを溶解するからか?
塗料に関して無知なまるむしは??????だらけですよ。^^
イソプロピルアルコールといえば、消毒用アルコールがあるじゃないか。

容量は倍なので、単価はX-20Aの1/2以下だ。
消毒にも使えて便利だぞ^^
これでいいんじゃない? 駄目なの?

シェアする

フォローする