これはひどい! 乾電池式携帯用充電器を分解してみた

怪しげな店で怪しげな乾電池式携帯用充電器を見つけた。
乾電池式携帯用充電器乾電池式携帯用充電器
実は充電器がほしい訳じゃない。
ブログには書いていないが既に7~8個の充電器を買っている。^^;
目的は内部のDCコンバーター回路を取り出すためだ。
乾電池を4本使うものや、006P(四角い電池)を使うタイプは電池のみで十分な電圧のため入っていない。
電池2本の場合、必要電圧まで昇圧するためにDC-DCコンバーターという昇圧回路が入っているのだ。
写真のものは電池3本。微妙…でも3本でも充電できるしなぁ…
よく見るとボディにLEDランプかスイッチのような部分があるぞ。
サイズ的には回路が収まるぐらいの空間があるしなぁ。 まぁ80円ならいいか…って事でチャレンジ。
でさっそく分解してみると….なんじゃこりゃ!


乾電池式携帯用充電器
ランプかスイッチに見えていたのはただの飾りでした。トホホ。
おまけに+-の配線があるのみです。
保護回路どころか、ダイオードの1つも入っていません。
これはヒドイ。
おまけにコネクターの金属製のツメの整形がいい加減で、携帯に差し込むと抜けないという恐ろしい代物でした。
今まででダントツ一番の粗悪品でした。(80円でも高いぞ!)

シェアする

フォローする