Vine Linux 5 インストール

Vine Linux はコンパクトで軽量な日本語ディストリビューションです。 CD1枚または1GBのUSBメモリに収まるコアオペレーティングシステムと VinePlus と呼ぶ追加パッケージ集により、必要に応じたオペレーティングシステムを構築することができます。定評あるパッケージマネージャ APT とその簡単なユーザインタフェースにより、ソフトウエアの追加や更新が簡単に行うことができます。
Vine Linux 5 はいわゆるパソコン (Intel x86互換の32bitシステム と AMD64/Intel64 互換の64bitシステム) および、PowerPC を搭載した Macintosh で動作し、どの環境でも同じように利用することができます。
ってことでVinelinuxのサイトからCDイメージをダウンロードしてCDに焼きこみます。
VinelinuxHP:http://www.vinelinux.org/
イメージは、DVD/USB用も用意されていますが、古いPCでDVDは読めないのでCDで行います。
インストール画面は日本語でガイドメッセージが表示されるので、ガイドに従って進めれば特に点もありませんが、
どんな感じなのか知りたければ基本的な手順はこちらのサイトで紹介されているので参考にするのが良いです。
ITPro Vinelinux5インストールガイド


まるむしは、サーバー構築が目的なので、インストールの種類では、サーバーを選びます。
追加でGUI環境も導入します。 グラフィカルなデスクトップはサーバーには必要ないのですが、
いろいろと操作するに当たってはやはりデスクトップ環境が充実していた方が作業がはかどるので導入しておきます。
インストールが完了したらとりあえずapt-getで最新に更新します。
コンソールを開いて
apt-get update
apt-get upgrade

さてここから先は何を入れようか。

シェアする

フォローする