道に迷ったときに見る地図

道に迷ったとき現在地を調べるためには、地名標識はもちろん周辺にある目標物を参考に地図を見るのですが、
ドライブ用の道路地図というのは、20万分の1ぐらいが一般的で、主要道路市外は使い物にならない。
最低でも10万分の1の精度がほしい。
県別なら10万分の1以下もあるのだが、何冊もの買えば高くなるし、何冊も車に積んでおくのも考え物だ。

主要都市はもちろん、地方の町周辺でも3万分の1で載っているのは、本屋で調査した限りではこのスーパーマップルだけだった。
ほかの地図には載っていない細い道や、周辺の目印になるような建物名など載っておりかなり役に立ちそうだ。
少々値段が高い気はするが、いざという時に役に立ってこそ価値がある。
安くても使い物にならなければそれは高い買い物だ。
普段は安物買いのまるむしですが、
今回はこれで決まりです。^^

シェアする

フォローする