すごいぞ! 数百円で自作したイオンフォトレーシス療法の多汗症治療器で明らかに効果が!!

以前製作したイオンフォトレーシス療法の多汗症治療器(といっても定電流ダイオードを電源に繋いだだけですが)を使い始めて1週間程度ですが、
明らかな変化が出てきたようです。
あれからほぼ1週間の間に毎日30分程度電流を流す治療を行ったところ
ほぼ完全といえるほどの効果がでました。


以前は軽く緊張するだけでぽたぽたと手のひらから汗が流れ落ちていたのが、
なんとサラサラのままだそうです。
何ヶ月もかけて、気のせいじゃないの?と思えるほどの効果しかないものなんだろうと思っていたのでびっくりしました。
たった数百円で長年の悩みのひとつが解決したのですからこれは嬉しいですね。
今後は毎日する必要もなく、たまにやるだけで良いそうなので楽チンですね。
まるむし妻は三日坊主名な性格ですが、これはきっと続けるでしょう。^^
ちなみにアルミのトレイは、通電?により小さな穴が無数に開きました。
トレイに直接通電するのではなく、プラスチック製などのトレイに電極となるアルミ箔などをいれてそちらに通電するほうが良いかもしれません。
定電流ダイオードを使った作り方は、簡単なので以前の記事にさらっと書いていますが、
よくわからないという方はコメント頂ければ教えます。
なお電気知識がない場合は、電源には乾電池を使うことを強く勧めます。
定電流ダイオードで10~20mA程度なら乾電池でもかなりの日数使えるはずです。

15mAタイプの定電流ダイオードです。
並列すれば30mAです。^^

24Vのスイッチング電源です。
トランス式と違って刺激が少ない高品質な電源です。(一般論です)

006Pと呼ばれる乾電池です。 電圧はこれ1個で9Vあります。
100円ショップでも売られていますね。
マンガンなら2個100円、アルカリなら1個100円。
電流を流し続けるのでアルカリの方が結局長持ちするかも。

006Pの乾電池を繋ぐのにつかうコネクタです。

ワニ口クリップです。
ワニのような口をしたクリップです(そのまま^^;)
これがあると電極への配線が簡単ですね。
なければ文房具のクリップなんかを代用してもいいかも。
100円ショップでも売られていました。
この手の電子部品は、ホームセンターの電気部材のコーナーなどにも置かれていますが、
電子部品の専門店で購入するより、かなりかなりかなり割高です。

接触不良を避けるためには、部品はハンダ付けで接続します。
半田をつける半田ごてです。 どんな安物でもOKです。 あまりW数は大きくないもので十分です。

ハンダゴテで溶かして接着に使う半田です。
いろんな種類がありますが、付けばOKなので安物でかまいません。
もし選ぶならヤニ入りのものを選べば付きやすくなります。

特には必要ありませんが、はんだ付け促進剤です。
ハンダのつきが悪いときに少量付けると付きやすくなります。
ハンダゴテのコテサキが汚れているときにも少量付けてると綺麗になり作業がやりやすくなります。
酸性なので後で綺麗に洗浄しないと長期的には腐食が進むのですが、この程度の工作ではあまり神経質になる必要もありません。
(まるむしはいつもふき取る程度です^^;;;)

これも特には必要ありませんが、熱くなったハンダゴテを置いておくスタンドです。
こういうのを使っていると火傷などの思わぬ事故に遭遇する確立が減少するのは間違いないですね。
黄色いスポンジは、水で湿らせておきハンダゴテのこて先を擦りつけて綺麗にしてから作業を行います。
汚れたコテサキでは綺麗にハンダ付けができません。

シェアする

フォローする