AXIS90 クランクケースを開けてみる

まだクランクース内は手付かずなので、一度あけて見ておくことにした。
クランクケース
まずはキックペダルを外さないと始まらない。
バッテリーが死んでいるのでいつもこのキックペダルで始動しています。
これがまた戻りが悪いんです。


クランクケース
エンジンの掛かりが悪いころキックしまくっていたら足を滑らせて周りの樹脂部分を粉砕してしまいました。
実害が無いのでそのまま放置しています。
分解は固定しているボルトを抜くことですね。
クランクケース
よくできています。
ボルトが緩んでいてもべダルが脱落しないように溝になっています。
裏を返せばボルトは緩めるだけでは取れないということですね。
クランクケース
樹脂製のカバーを外しました。
裏にはスポンジがはさまれていました。
汚いですが劣化はあまり進んでいないようなので洗浄のみとします。
クランクケース
カバーを外したクランクケースです。
汚れ&錆が...
クランクケース
フィルターが劣化してボロボロになり穴が開いていました。
クランクケース
後方の開口部はオイル?汚れとドライブベルトの粉で真っ黒
クランクケース
フィルターを外しました。中はそれほどひどいようには見えません。
クランクケース
外したフィルターです。 風化してこんな姿に...^^;
クランクケース
いよいよケースを開けます。
エアーフィルターのケースがかぶさっているのでボルトだけ抜いてずらしました。
クランクケース
ケース中央のネジを抜きます。
クランクケース
長い...
クランクケース
クランクケースは固着していたので、樹脂ハンマーで衝撃を与えて隙間を作ります。
ケースにはガスケットが使われているので注意ですね。
こんな風に途中で反対側にくっついていることがあるのでケースに隙間ができた時点で、ヘラなどでガスケットをはがしておかないと破いてしまいます。
クランクケース
外れました。 意外と綺麗?
クランクケース
キックペダルのギアが入っている部分ですね。
クランクケース
開けました。 キックの戻りが良くなる様に、洗浄とグリスアップしておきます。
クランクケース
こちらも意外と綺麗?
クランクケース
気になっていたドライブベルトですが、一部ほころんで毛羽立っています。
とりあえず毛羽立ちをはさみでカット....あれ? 切れない?
どうやらワイヤーの端っこが飛び出してきていたようです。 ^^;;
(ベルト上側の中央奥、白くみえる大きなほころびがピンボケですが写っています)
この程度では交換しません。^^ ペンチでほころび部分をカットしておきました。
クランクケース
こちらもまぁこんなもんでしょう。
すべて洗浄して組み戻します。
クランクケース
フィルターは、ホームセンターで調達したフィルタースポンジをカットして作りました。
元のフィルターより目が粗いのですが、他に良いスポンジが置いていなかったし、
まぁ元はぽっかり穴が開いていたわけで、それよりはマシでしょ?ってことでこれで代用です。
オイルは含ませていません。 乾いたままです。
以前はこんなスポンジは、パソコン関係の部品を買うと必ず入っていたんですが、
最近はゴミ削減だとかエコだとかでぜんぜん手に入らないんですよね。
クランクケース
ついでなんでケースをピカールで磨いて、カバーをつや消し黒で塗装してみました。
ご覧のとおり、浮いてます。^^;汗
クランクケース
黒!、ピカピカ!、土?
まぁすぐに埃をかぶって馴染むでしょう。^^

シェアする

フォローする