手動式アイスクラッシャーを半電動式に再改造 ついに完成!

先日改造に失敗したアイスクラッシャーです。^^;
電動ドライバーではパワー不足と分かり、こんどはインパクトドライバー用に改造しました。
といっても基本的には丸棒から六角に変更するための改造ですが...
もうこれだけ切ったり削ったりして、うまくいかなかったら後は使い物にならないです。^^;
アイスクラッシャーその後
こんな感じに加工しました。
軸にグラインダーで切れ込みを入れました。かなり雑ですね。^^;
そこにピン(頭を取った釘)用の穴を開けています。
六角はドライバーのビットです。グラインダーで薄く削っています。
そこにまたピン用の穴をあけています。
(ドライバービットを使ったのはちょっと後悔です。硬い^^; 穴を開けるのに苦労しました。
安物の鉄鋼ドリルでは辛かったので、ステンレス用のドリル刃を使ってあけました。 軟鉄の丸棒を六角に削るほうが数倍簡単かも)


アイスクラッシャーその後
不細工な作りではありますが、
これがまたうまい具合に遊びとなって可動します。
少々の傾きは吸収してくれるのでドライバの角度はあまり気にせず使えます。
ジョイント部分もこれまたうまい具合に丸い部品の中に収まりました。
アイスクラッシャーその後
完成です。
本体から可動式の六角が生えています。^^
さてテストですね。
これにインパクトドライバーを接続して....
バリバリバリッ (氷が砕ける音)
おおおおっ これはすごい! あっという間にクラッシュアイスが!
台所にインパクトドライバーを持ち込むのは少々面倒ですが、
作り始めると面白いようにクラッシュアイスが作れます。
とりあえず冷蔵庫の氷、全部砕いておきました。^^

シェアする

フォローする