EasyHeat用 五徳をペンキの空き缶で自作してみた

先日の格安で入手した液体燃料のEasyHeatですが、
Easy Heat
このままではバーナーとして使いにくいので五徳を作ることに。
トランギア用に作った五徳はちょうど同じ大きさなので安定が悪かったので、
一回り小さい五徳を作ることした。
材料を漁ってみると、ペンキのミニ缶を発見。
EasyHeat五徳
これは100円ショップのペンキ缶です。
早速に上下にラインを引いて、等間隔にマーキング。
マーキングにあわせてポンチを打ちます。
マーキングにあわせて鉄鋼用ドリルでぐりぐりっと穴あけです。


EasyHeat五徳
もちろん底は缶きりで切り取っておきます。
EasyHeat五徳
完成すればこんな感じですね。
いい感じではありますが、トランギア用に作った五徳のように、本体を収納できないので携帯性はちょっと悪いですね。
EasyHeat五徳
表面の塗装は見た目が悪いし、耐熱ではないのでこのままでは煙が出てしまいます。
剥離しないといけないのですが、面倒なのでガスバーナーで焼いてしまいます。
EasyHeat五徳
ワイヤーブラシなどで磨きます。
結構いい加減な穴あけをしたので穴の周りが変形していますね。^^;
薄い金属板への穴あけは、結構コツがいります。
無理にあけようとすると引っかかって変形させてしまいます。
裏からアテギをしてゆっくりあけるのがコツでしょうか。
小さめの穴を開けて、リーマなどで広げるのもよいですね。

リーマ
薄板用のドリル刃を用意すれば簡単綺麗なのかもしれませんが、
使ったことが無いので分かりません。^^;;;;
(まだまだ作るだろうし、1本買ってもいいかもね)

EasyHeat五徳
んで。
次は塗装です。 つや消し耐熱塗料です。
耐熱塗料は、 加熱されて硬化するので塗料が乾いたら実際に使ってみるか、バーナーで焼きます。
焼かずに使うと煙が出るので今回はガスバーナーで事前に焼きました。
加熱すると煙が出ますが、しばらく焼くと煙は出なくなります。
そこまで焼けばOKです(多分^ ^;)
あっという間に完成です。 あっ!燃焼テストしてなかった....ーー;
大丈夫かな?
心配的中 T_T
不完全燃焼してます....

シェアする

フォローする