玄関用蚊取り器に改造 ムシューダクローゼット用FANタイプ &ファン式蚊取りに加熱式薬液を補充

以前分解してみたムシューダクローゼット用FANタイプを玄関用蚊取り器に改造なわけですが、
ちょっと気になることが、
P6250071_R.jpg
家にあったもうひとつの電池式蚊取り
P6250073_R.jpg
こんなカートリッジです。


P6250074_R.jpg
そっくり?
P6250075_R.jpg
っていうかまったく同じだ。
P6250080_R.jpg
微香タイプの補充液買ってきました。
P6250081_R.jpg
45mlで60日(1日12時間)ということは、1mlで16時間ということに。
ってことは、1ml補充して16時間匂いがすればまぁOKって事で検証してみる。
転用のクローゼット用は間欠動作なので、検証はもうひとつの蚊取りで行うことに。
P6250082_R.jpg
1mlを正確に測って補充し連続運転。
そして16時間後。 んんんちゃんと匂っています。
使えるか? とはいえ交換カートリッジを買っても同じぐらいのコストになっているので使えない?
この方法が使えるので携帯用の蚊取りかな?

このタイプも自然気化なので、使わなくても気化するため実際はほとんど活用されないまま薬剤切れとなってしまう。
そのくせカートリッジが高かったりする。
って事で使用前にピッピっと補充して使えば間違いなく数時間は効果があって
ランニングコストも超お得って事になる。 多分^^;
このままではあまりに無責任?なので、 早速携帯用蚊取り買ってきます。

シェアする

フォローする