タイガーIH圧力調理なべCAA-A350 を分解じゃ

タイガーIH圧力調理なべCAA-A350を愛用の父が、吹きこぼしてしまったと電話してきた。
煮汁が中にまで入ってしまったらしい。

今日はこいつを分解してクリーニングです。
タイガー(TIGER)IH圧力調理鍋CAA-A350
上は普通の圧力鍋のようですが、下が調理器本体です。
外見は綺麗に掃除してありますが、、、


タイガー(TIGER)IH圧力調理鍋CAA-A350
裏蓋を開けて見ると、さっそくなにやら褐色のどろどろした液体がいたるところに^^;
タイガー(TIGER)IH圧力調理鍋CAA-A350
汚い!
タイガー(TIGER)IH圧力調理鍋CAA-A350
うげげげ! 端子ショートしてるのでは?
タイガー(TIGER)IH圧力調理鍋CAA-A350
ばらしました。
中はこんな感じです。
タイガー(TIGER)IH圧力調理鍋CAA-A350
はずした基板上の部品たち。 なんだか見慣れた部品たちで、なぜかホッとします。(*^_^*)
タイガー(TIGER)IH圧力調理鍋CAA-A350
問題のベタベタ箇所
タイガー(TIGER)IH圧力調理鍋CAA-A350
ところが裏側を見て見ると何もありませんねぇ。
なんてラッキーなんでしょう。 回路的にはなんら問題ない場所だったようです。
タイガー(TIGER)IH圧力調理鍋CAA-A350
表示パネルをはずしました。
タイガー(TIGER)IH圧力調理鍋CAA-A350
更に分解すると、げげげげげっ パネルの隙間にまで煮汁がぁ!
タイガー(TIGER)IH圧力調理鍋CAA-A350
汚い!
全部水で洗浄して、温風乾燥後、元通り組み上げて作業終了。
汚かったなぁ。 しかし天板がついているのに、何で回路部にまで煮汁が?
いったいどんな使い方をしたのやら ^_^;

シェアする

フォローする