ノートPC DELL XPS M1210 を分解してみた その2

写真が多いので記事を分けちゃいましたが、前回の続きです。
dell XPS M1210
手順がちょっと戻りますが、HDDをはずします。
交換を想定しているので簡単にはずせます。


dell XPS M1210
DVDドライブをはずします。
これも交換を想定しているので簡単にはずせます。
dell XPS M1210
裏のメモリもはずしちゃいましょう。
dell XPS M1210
キーボードがつながったままなのではずしちゃいましょう。
簡単に取れるように水色の摘みまでついているので簡単です。
引き抜いちゃいます。
dell XPS M1210
モニターの配線もはずしましょう。
これもつまみがついているので簡単に取れます。
引き抜いちゃいましょう。
dell XPS M1210
ここは気をつけて!

無線LANの配線で裏から基盤の表につながっているのではずさないといけないのですが、
この配線は細いただの線にも見えますが、同軸のスナップタイプの配線です。
(中心に1本と包むようにもう一本のシールド線)
乱暴にはずして断線させると修理はかなり困難なので
線は引っ張らずにピンセットなどで下から持ち上げるようにしてはずします。
dell XPS M1210
裏からの全体はこんな感じ
dell XPS M1210
液晶パネルをはずしましょう。
ヒンジの部分を抜かないといけませんね。
本体横からヒンジを固定しているネジが1本ずつあるのではずします。
これだけで引き取ることができます。
dell XPS M1210
はい、抜けました。
dell XPS M1210
アップです。
これで完全に本体とモニターが分離されました。
次回は本体側の分解を進めます。

シェアする

フォローする