パソコンの次はインターネット回線だ ADSLか光か プロバイダも必要なのだ

購入の相談を受けていたが無事ノートパソコンを購入。
さて次はインターネットだ。
最近はパソコンでインターネットするというより
インターネットをする為にパソコンを買うというケースが多いようだ。
まぁ今の時代インターネットにつながなければ何も出来なくなっているからしょうがない。
OSのパッチすら当てられないのだから。
ってことでインターネット回線をどうするか?
とりあえずコスト面から考えて見る。
最近はADSLもそこそこ早いのでADSLを検討して見た。
ランニングはやはりお手頃だ。
ところがADSLというのはアナログ電話回線を利用するのでNTTの交換局から遠いと信号が減衰して効率が悪くなる。要するに契約した速度の回線が十分に生かせないのだ。
そういうことなのでNTTのホームページで設置場所から交換局までの距離を調べて見ると結構遠い。かなりの減衰率だ。
まるむしとしては光を薦めたいので残念というより幸いな感じだ。
これでばっさり検討対象からADSLが外せる。
となると設置場所は関西なのでeo光とフレッツ光が対象になる。
都心なら有線という選択肢もあるのだろうが田舎ではこの2つなのだ。
どちいらも値段は似たようなものだが若干eoが安い。
大きな違いは、フレッツ光はプロバイダが選べること。しかしこれは長所である事と同時に初心者にとっては考える事が増えて面倒この上ない短所でもある。
逆にoeは自社のプロバイダとなるので回線を引けばプロバイダは決まった事になる。
悩みそうなところではあるが、まるむし家は最初に利用可能になったeoを昔から利用しているので同じにすれば色々面倒が見れると言う事であっさりeoに決定です。
ネットから契約を申し込めば後日連絡があり、
現地調査をして工事計画を立てます。
どこから光ファイバーを引き込んで終端装置をどこに設置するかこのとき決めます。
工事日程が決まり数週間後に工事してめでたく開通です。
さて次は無線ルーターを買わなければ。

シェアする

フォローする