赤ちゃんの風邪ひき、鼻づまりに鼻水吸い器 自作  

娘が風邪を引いたらしい。
まだ数ヶ月なので自力で鼻をかむこともできない。
ズビズビ苦しそうなので鼻水を取ってあげたい。
というわけで鼻水吸い取り器だ。

スヌーピー 鼻水吸い器
市販のものはこんな感じ。
要するにノズルを鼻に密着させて負の圧力で吸い出すという仕組みだ。
800円ぐらいで売っている。
鼻水吸い取り器1
で、これが自作の鼻水吸い器
ありあわせの材料で作って見ました。
材料は、ストロー、飲み薬のカラ容器、金魚のエアーホース、お湯丸(ねんどのようなもの)


鼻水吸い取り器2
一番悩んだのがノズルの先端。
赤ちゃんのデリケートな鼻に密着させる部分です。
細長いと奥まで突っ込むことになり鼻腔を傷つけます。
太いと密着せず隙間があいて吸い出せません。
軽く先っちょが入って密着する形状で中心に穴が開いているもの。。。。
なかなかないですよねぇ。
しょうがないのでこの部分は「おゆまる」といって100円ショップで売っている粘土のような素材を使いました。
お湯につけると粘土のごとく柔らかくなって、冷えるとちょっと柔らかい軟質プラスチックのようになります。
これを手でコネコネしながら、たまに赤ちゃんの鼻に当てて形を確認したりして^^
そしてできたのがこのラッキョ型のノズルです。
千枚通しに粘土を突き刺して整形しました。
ホースの接続には、取り外しできるようにエアーホース用のジョイントを使っています。
(金魚のエアーポンプに使っているものです)
ここができれば後は完成したも同然ですね。
鼻水吸い取り器3
子供が病院でもらってきた飲み薬の容器のキャップに穴を開けてストローを突っ込んで。
鼻水吸い取り器4
胴体にも適当に穴を開けてホースをつなぐだけ。
鼻水吸い取り器1
完成したら、ラッキョを鼻に突っ込んでストローで軽く吸ってあげると、
鼻が通って赤ちゃんスッキリです。 v(^_^

シェアする

フォローする