どっちを買おう? 扇風機とサーキュレーター 何が違うの?

最近だんだんと暑くなってきた。
クーラーまでは必要ないがそろそろ扇風機が必要な陽気だ。
ところでここ数年サーキュレーターというものを良く見かけるようになってきた。
ちょっとおしゃれな感じの扇風機?だ。
でも種類は扇風機じゃなくてサーキュレーター。
何が違うの?
違いは、基本的に目的が違うのだ。
扇風機は、涼むために風を送る。
体温で温まった体の周りの空気を取り除き、また汗を気化させる事により体温を下げるのだ。
サーキュレーターは、室内の空気を攪拌(カクハン)するするために風を送る。

空気をまぜまぜして上から下まで同じ温度にするのだ。
風が出ているので前にいれば当然扇風機と同じく涼しいのだが、
風の出方が扇風機と異なる。

扇風機は、ぶわぁ~と広がって行くように風が吹くのだが、

サーキュレーターは、ぶっしゅーっと貫くように風が吹く。
スポットライトのように広がらず真っ直ぐに強い風を送ることを目的としている。
そのため羽の形状などいろいろな点で扇風機とは異なっているのです。
扇風機は夏だけですが、
サーキュレーターは、クーラーを使う際の室温の均一化はもちろん、
冬の暖房時の室温の均一化にも活躍します。
冷気は下に溜まるのでむしろ冬の方が活躍します。
春秋なら室内の空気を外気と換気すればかなり気持ちがいいですね。
掃除の時もホコリの舞う室内の空気を一気に追い出すのにも使えます。
年中使える便利な代物です。
ちょっと奮発しても元は取れるんじゃないかな。

これはスタンダードって感じですね。

ちょっとクラシックな感じです。

2連タイプです。
サーキュレーター基本的に首は振らないので何方向かに送りたい場合は、
こういうタイプになります。

2連があれば3連も欲しくなるのが人情?

ガハハハッ ライトアップ3連もの! はでぇ~

これもちょっと変わっていて噴出し口からビューっと風が出ます。
エアコンっぽいですね。
ちなみにまるむしが換気用に使っているのはこれです。
これで室内のこもった空気を一気に外に放出します。

【送料無料】アルミフロア扇 開放式 45cm ナカトミOPF-45AF工場・倉庫・家畜舎・機械の冷却…
サーキュレーターじゃないけど、直径45cmの羽から爆風が吹きます。
扇風機ではなく、工業扇(工場扇)といわれているものです。 アルミ製の羽で首も振るタイプなので
でっかい扇風機ってことになります。
去年はこれのお陰で、クーラーをほとんど使いませんでした。
ちなみに爆風とともに爆音もおまけで付いてきます。^^;
そりゃこれだけ大きな羽ですから...
素直におしゃれなサーキュレーターにする?
それとも爆風の工業扇にチャレンジする?

シェアする

フォローする