ネットワークハブ

パソコンで使われるハブといっても、USBハブもあるが今回はネットワークハブ。
Ethernetのネットワークしようするものだ。
要するにLANケーブルを沢山突き刺す為の装置だ。

最近はスイッチングハブも安くなったので、普通に買えばこれになると思うが、
ハブには、リピータハブとスイッチングハブがある。
何が違うかというとスイッチングハブの方が賢いのだ。
リピータハブは、繋がっている全部のパソコンに、「全部渡すから自分宛のデータ以外は捨ててね」といって全部送っちゃうのだ。
対してスイッチングハブは宛先を管理していて、無駄なデータは送らないのだ。
どちらもちゃんと機能するのだが、リピータハブの場合はLAN上を無駄なデータが流れまくってしまうので通信が遅くなったりするのだ。
安いハブを購入する時は、ちょっと思い出してパッケージを見た方が良いかもしれない。
お買い得なスイッチングハブ

シェアする

フォローする