グラインダー

グラインダーと言っても色々あって、
小物を削るのに便利なのはベンチグラインダーと言って置いて使うタイプです。
これは削りたいものを手に持って回転する砥石部分に押し付けて削ります。

持ち運びに便利な、小型軽量両頭ベンチグラインダー
削るのもが大きい場合などはハンドグラインダーを使います。
これは本体を手に持って削りたいものに押し付けます。
ディスクはいろんな種類があって、ワイヤーブラシやバフなどもあって用途は結構広く、
鉄骨の錆落としや、金棒の切断、塗装剥がし、コンクリートのカット、木工の成形など、
かなり広範囲の作業に使えます。
しかし日曜大工をやらない人には無縁かもしれませんね。

 【1万円以上で送料無料】ボッシュ 電子ディスクグラインダー(GWS 8-100CE)
今回は非常に小さいもの(ドライバー)なのでベンチグラインダーを使いました。
どちらも高速回転して、音も結構大きいので始めて使う時はちょっと引いてしまいます。
(火花が出て綺麗? 鉄工所の匂いがします^^;)
慣れるととても便利な道具なので手放せないのですが、強力ゆえに危険が伴うので細心の注意が必要ですよ。
ホビーなどで細かな作業を行なう場合は、ハンドルーターを使います。
こちらはとても小ぶりなので、怪我をしても血が出る程度です(^^;)汗

リョービ ホビールター HR-100
作業を行なう際は、削りカスが飛んでくるので必ず保護めがねを掛けましょうね。

シェアする

フォローする